スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年09月16日

寒い……

北陸は台風が来てからのここ数日気温が下がる一方です…
まさかあの猛暑から一転して布団が必須なまでになるとは
誰が予想できたでしょうか

とはいえ、愚痴っても始まらないので先日のレビューの続きを書いていきたいと思います。



フリップアップ式のフロント及びリアサイトです。

ホワイトドットが入っているので、
倒した状態でも使用可能になっていますね。
ドットサイトの搭載にローマウントベースを使用していると、
引き起こしたサイトがレンズ面を飛び越して狙いがつけられないことが
多々あるのでとても使い勝手がいいです。

搭載されたダイヤルを回すことで
特別な工具無しにエレベーションの調節が可能です。
ただし射撃の衝撃で調整が狂ってしまう恐れがあるので、ゼロインの後はネジロック等で固定しておいたほうがいいかもしれません。




サイトを引き起こした状態。
この時のクリック感が小気味良く、つい意味もなくパタパタ動かしてしまいます(笑)


刻印、シリアルナンバーもしっかり入れられています。


フラッシュハイダーはM4系で見慣れたバードケージタイプです。
亜鉛合金製でややもっさりしていますが必要十分な質感です。

実射性能のレビューは……家庭の事情によりしばらく無理のようです(えー
期待されていた方(果たして居るのか?)には申し訳ありません。
また可能な時期にやってみたいと思います。


余談ですが、Comp M2レプリカを初めて搭載した際、最初からドットがゼロイン位置に来ていました…
なんかお得な感じです



今回のレビューはここまでとしたいと思います。
最後に、ここまでご覧頂き有難うございました。  


Posted by sharwood  at 01:18Comments(0)トイガン

2010年09月13日

なんともはや

諸事情により初記事の投稿からおよそ1週間近く経っての更新となってしまいました…。

本日からは可能な限りのペースで手持ちの装備等を紹介して行きたいと思います。

とは行っても現在は大学の夏期休暇に伴い地元に帰省しており、手元にはぼ何もない状態なのですぐ弾切れになるかと思われますが…


それではまず最初のレビュー、KSCのMP7A1です。


光学機器はヤフオクにて購入したG&P comp M2タイプのレプリカドットを載せてあります。

実銃同様にポリマーフレームを採用しているため非常に剛性が高いです。多少振り回したくらいではビクともしません。
グリップも同様にポリマー製ですが本体と違ってつや消しの梨地仕上げになっています。
本体がつやありの梨地なため少々違和感があります(とは言ってもごく僅かなものですが)。

機種の仕様なのかこの個体限定の話なのかはわかりませんが、セレクターの動きがやや渋いです。
フルからセミに戻す際に特に顕著です。

同社の電動コッキングガンのHK33はセレクターのクリック感の無さがよく問題(?)の1つとして挙げられますが、それを受けてのものでしょうか…

上記のニ点以外は非常に素晴らしい出来栄えと言っていいと思います。
1マガジンを息切れ無しで撃ち切れ、しっかりと最も後退した状態でホールドオープンします。


そしてトリガー前方にあるボルトキャッチを押し上げることで勢い良くボルトが前進します。
正直この操作だけでもうお腹いっぱいです(笑)

最後まで息切れなしに撃ちきれるようにボルトユニットは軽量なものを採用しているため、一発当たりの撃ち味は他のガスガンにどうしても劣ってしまいます(おおよそマルイ次世代程度?)。
しかしフルオートで連続射撃した際の銃本体のコントロールを考えるとこのくらいがベストなのかと思われます。



マガジンは亜鉛合金の一体成型で、熱伝導性に優れています。
下部には4.6×30mm弾仕様を示す刻印が白で入れられています。
正面のつまみを一番下まで下げることで弾を押し上げるスプリングがロックされ、給弾し易くなります。


…とりあえず今回はここまでとしたいと思います。

次回はバックアップサイトやその他の部位、実射性能等についての詳細を報告していきたいと思います(もはや散々既出かとも思いますが…)。
  


Posted by sharwood  at 01:08Comments(2)

2010年09月07日

初ブログ!

みなさん初めまして。

今日からブログを始めることにしましたsharwoodと申します。

ここではH&K社系のエアガンや独連邦軍装備のレビュー、その他ミリネタなどを中心に書いていこうと思います。
まだまだ半端者ではありますが、どうぞ生温かく見守ってやって下さい。

コメントなど頂けると非常に喜びます(笑)  


Posted by sharwood  at 02:10Comments(2)